So-net無料ブログ作成
英文 要約 勉強 ブログトップ

英文要約の勉強 [英文 要約 勉強]

英文要約の勉強法について。
参考書の紹介も考えたが、それより前に勉強法を知るほうが大事。

まず大学入試レベルの長文要約をする前の前提条件:
・中学英語ができない人が高校英語を勉強しても、よほど根性がある人以外はやる気がなくなり時間の無駄。中学1年の英語に戻って最初からやりなおすほうが無難。
・基本となる英単語・英熟語を習得する。
・英文法頻出問題とか英文解釈をやりこむ。

つづいて英文速読。:
一般にいう速読トレーニングは必要ない。
・英語長文問題の参考書・問題集などを利用して英語の長文に慣れる。
・問題文にざっと目を通し、何について述べられているのか、を英語のまま把握する。
英文を日本語に訳しながら読んではダメ。
読解のスピードが遅くなる。また、大学に入れても英語の文献を読むのに苦労する。
段落毎に重要だと思われる箇所に下線を引く、或いは括弧でくくる、又は欄外に英語や日本語で軽くメモをする程度で。
・一番筆者が言いたい事が書かれている一文をみつける。
そして、この主題の把握に大事なのが「Key wordを文の中から見つける」こと。
このKey wordは、最初か二番目の文にあって名詞であることが多い。
だから、Key wordをさがすときは名詞中心にひろい読みをする。これを速読で。

つづいて要約:
・言いたい事に説得力を持たせるための論理をさがす。
例)AとBを比べながら、Aが正しいと言う結論を出すためにキーワードと反対の表現を使うケース。
言いたい事が正しい理由が書いてあるケース。
言いたい事やキーワードは類義語で言い換えている場合もあるので注意。
・~と接続詞を使って文章の構造を書く。
例)~だから~だ。
しかし~だ。
など。
・~にことばを入れて、制限字数+20字くらいで雑でいいから下書きする。
・不要な情報を削除し、言い回しを短くして、字数を調整する。

英語長文の要約は現代文の要約と考え方は同じ。
「どこが要点か」「どこを削るべきか」「どの言葉を選び、どんな文にするか」といった要約だけに焦点を当てた対策もする。
具体的には要約専門の参考書を一冊以上こなしたり、東大の英語の第1問目を解いたりするといい。
毎日、1パラグラフだけで話が分かる記事を読んで、その「要約」を書くのもいい。慣れてきたらパラグラフの数を増やしてみる。
適当な新聞で、トップ記事の第一パラグラフを使うのもいいし、これらを毎日選んで送ってくれるメルマガがあるので、それを利用するもよい。

また、先生に添削してもらうとよい。


それから、勉強法に科学的裏づけが欲しい人は『外国語学習に成功する人、しない人―第二言語習得論への招待』がオススメ。

外国語学習に成功する人、しない人―第二言語習得論への招待の口コミ・評判・レビュー・感想:
第二言語習得論とあるが、単に英語が上手になりたい人が読んでも役に立つ。
研究から導いた傾向を客観的にまとめている。
付録の、知っておきたい外国語学習のコツがよい。


関連記事:
セガサミーカップで石川は←英語の堪能な石川遼選手についての記事。米国で取得した国際運転免許の顛末も。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
英文 要約 勉強 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。