So-net無料ブログ作成
感心 ニュース ブログトップ

感心したニュース [感心 ニュース]

最近感心したニュース

・2011/5/6-原監督のブログ
小笠原が2000本安打を記録。以下引用。
私が一番、印象に残っているのは、グラウンドでプレーする姿ではありません。ある地方遠征が雨で中止になったとき、彼は宿舎に帰ってしっかりアイシングやマッサージなどの治療を施していました。他の選手はというと、一刻も早く家に帰るためにバタバタと準備をしていました。そして翌日の試合では阿部が腰痛で欠場。私はある選手に「ガッツを見てみろ。お前たちが帰るのを急いでいる中、しっかりと治療していたんだぞ。家に帰ってしっかり休むのがダメだとは言わないが、疲れが溜まっていたり、古傷や不安のある箇所があるなら、それをしっかりケアしろ」と一喝しました。長い間、日頃の努力、ルーチンを崩さずにここまできたのが、記録につながったのです。


・2011/4/13-NY タイムズ
地震・津波で破壊された仙台空港が一か月で再開。この短期間で復旧は驚異的。また、空港が再開したとき、復旧作業にあたった米軍の280名を超える兵隊は、すでに立ち去っていた。日本の立場を害することがないよう配慮したもの。「我々の目的は、我々がここにいたことさえ気づかないようにすることだった」とJohn Traxler 少佐は語った。

・2011/3/14-Youtube他
石原プロモーション所属の俳優ら「石原軍団」が被災者へカレーや焼きそばの炊き出し。阪神大震災の時も渡哲也さんらは、現地入りして炊き出しをした。
今回はライフラインの復旧を待って被災地へ。昼夜1000食ずつを用意し、握手や写真撮影にも応じる。

・2011/4/12-INTERNET Watch
カスペルスキー、被災地支援でガイガーカウンター5000台を寄付
株式会社Kaspersky Labs Japanは12日、被災地支援の取り組みとして、放射線を測定する「ガイガーカウンター」5000台を寄付すると発表。寄付先は未定。
Kaspersky Labの本社はロシア。現地ではチェルノブイリ原発事故の経験から、日本での放射性物質の流出を懸念する声も多く、ガイガーカウンターの寄付に至ったという。
Kaspersky Labs Japanはさらに、2000万円を日本赤十字社に寄付するとともに、従業員から募った寄付金とその2倍を合計して義援金として寄付する。
このほか、在日ロシア大使館が被災地に物資を輸送する際の資金援助、震災災害によりカスペルスキー製品のライセンスを消失したユーザーへの無償ライセンス再発行も行う。


東日本大震災 心をつなぐニュースの内容:
被災地の心温まるニュース94本を収録。わかりやすいニュース解説で有名な池上彰氏が地元県紙からチョイス。各社の協力により、本の収益はすべて義援金として寄付。


関連(?)記事:
被災地復興
平泉、世界遺産の世界文化遺産に
寄付
セガサミーカップで石川は
真駒内花火大会
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
感心 ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。