So-net無料ブログ作成
検索選択
アイドルマスター アニメ ゲーム ブログトップ

ランキングがねらえない [アイドルマスター アニメ ゲーム]

アイドルマスターというゲームを紹介しましたが、面白い動画を見つけたのでお知らせします。

本音トークが炸裂!

注意!:天海 春香さんファンの方はくれぐれも見ないでください。


ゲームのアイドルマスター、アニメ化再び [アイドルマスター アニメ ゲーム]

ゲームのアイドルマスター(THE iDOLM@STER)がアニメ化され2011年7月7日深夜に放送開始されました。

放送局はTBS、MBS、RKB、CBS、BS-TBSです。
監督・キャラクターデザインは錦織敦史さん。
錦織さんはゲーム版アイドルマスターの全キャラクターエンディングをみるところまでやりこんでいたそうです。
ゲームを熟知している人が監督ということで、期待できるかも、ですね。

キャストは、
中村繪里子さん
長谷川明子さん
今井麻美さん
仁後真耶子さん
浅倉杏美さん
平田宏美さん
下田麻美さん
釘宮理恵さん
たかはし智秋さん
原 由実さん
沼倉愛美さん

2007年には一度ロボットアニメものとしてテレビ神奈川、@niftyで放送されていたようです。

ゲーム最新作はアイドルマスター2なのですが、かなり評判が悪いです。

【悪い点】
・PCとして使えない龍宮小町の存在意義が本当にかませでしか無い。
 そのせいで余計に何故NPC化しなければならなかったのかと思わざるをえない。
・シナリオ、というよりもテキストの書き方が全体的に酷い。一部ではなく全体。
 そしてシナリオがある以上仕方ない事だが、1の時にあった絶妙な想像の余地が狭まっている。
・S4UをL4Uと同じ事が出来る感覚でいると、出来ない事が多すぎてかなりガッカリする。
 歌のパート分け出来ないのは相当にガッカリ。
・アイドル達が初期の頃ひたすらギスギスした関係が続くのはただただ苦痛。
 初めから仲良しと、ギスギスした関係が徐々に仲良くなる。後者である必要はなんだったのか?
 ギスギスした関係を見たくない人と、ギスギスした関係が仲良くなるまでの過程を楽しめる人はどちらが多いだろうか?
 そもそも前者なら得する人は減っても損する人は居なかったのでは?
・新規新曲少なすぎないか?これはDLCで解決するつもりなのかもしれませんが、
 他のゲームに比べると高いDLCの購入ありきのソフトは新規に受け入れられるのでしょうか。
・営業が少ない。
・貴音のシナリオが不可解。
・竜宮小町の扱いの軽さ。
・前作プロデュース可能だったキャラが4人も削除されNPCとなった。
・既読文章飛ばしが出来無い事。周回前提のゲームでコレは非常に痛い。
選択肢直前の文章は強制的に最低速度表示に。
特に地方で不要なお守りがでたとき買わないを選択したいだけなのに、それだけで毎回1分近く取られるのは面倒。
・話の展開もとにかくシュール、メインシナリオにも言えるが、素人が3日で考えた話みたい。
・ストーリーが一本道。
・アイドルを自由に躍らせるS4Uというモードですが、前作であったカメラ設定や、アイドルにどのタイミングで歌わせるかなどができなくなりました。
・発売後にレビューが書き込めない言論統制があった。
・延々と続くループ仕様が酷い 夢オチさせてまでのBADとは?低ランクのEDもアイマスの魅力だった。
・コミュが少ない、キャラが薄っぺらい。
・S4Uのとってつけた感。L4Uに比べて出来る事が減っている。
・レッスンが少ない。
・無印はすごく楽しめただけに残念。
・新規の方なら・・・まぁ、テキストの酷さに耐えられる自信があるならば、プレイしてみても良いのではないでしょうか。
・バンナムとファンの思惑が完全にズレた悪しき結果になったと思います。
・プロデュースできる9人のアイドルにはそれぞれ幸せなエンデイングがあるのに、ないんです、4人には。
潰れかけの事務所を救うために、残りの9人より一足早く行動を起こした4人が、全く報われることがない。
伊織とあずさのPとして、それがとても「悔しい」です。
気晴らしに無印を起動したら、そこにはちゃんと伊織とあずささんがいました。

こんなかんじ。

ですので無印、アイドルマスター Xbox 360 プラチナコレクションを紹介。


レビューを拾ってみました。

概要:
レッスンや熾烈なオーディションを生き残り、時には厳しく接し、 時には仲良く(R-15指定)ともに頂上を目指すゲーム。
どんなゲームか気になる方は、動画サイトなどでプレイ動画が公開されているのでチェックしてみてもいいかもしれません。

案外シビアです。
攻略法なにも知らずにプレイするとボロボロになります。
実はスタートボタンでポーズをかけるとレッスン難易度を下げる事が。レベルMAXまであげなくてもAランクに到達できます。Sランクは結構面倒ですが、達成すると爽快感が。どのアイドルでもSランク到達は可能です。

良い点:
画像は驚くほど綺麗で
3Dキャラもこれでもかと喋り、動く様子に、次第に
愛着がわいてくる。目新しさはないが、プレイヤーを
一気にこの世界へ引き込む作りに脱帽。
プロデュースできるのは女の子だけですが、「親心」
的な感情が沸く部分では、女性の方でも楽しめる作品
ですし、「美少女ゲーム」という枠を超えてます。
慣れるまでは苦労の連続ですが、逆にその頃が一番楽しいかも・・・。
苦労を全部吹き飛ばしてくれるのが、オーディション合格後のTV出演(キャラが歌って踊るシーン)です。
秒間60フレームで滑らかに動き回るキャラ。それを見ているときが何より楽しいんです。
逆に言えば、キャラが歌って踊ってるのを見ても楽しくない人には合わないかもしれないですね。
3週目プレイくらいから、TV出演前にパートエディットというのができるようになります。
「この歌詞は誰に歌わせようか。カメラはズームアップするかアウトするか」・・・というのを細かく選ぶ機能です。
これが困ったことに、なかなか思ったとおりにカメラワークしてくれません。それだけに、いい演出が完成したときは感動ですね。
こうして出来上がったTV出演ビデオは、ランキングを通じて全国のプレイヤーに見てもらえます。だからこそやる気がでるんですよ。
他の人のTV出演ビデオを見ているだけでも時間を忘れて楽しめます。
プロデューサー(プレイヤー)自身も技量を磨く必要があり、女の子と二人三脚で成長していく感覚が非常に強いので、苦楽を共にしてトップアイドルに勝ち上がった際の感動もひとしお。この感覚があるからこそ、ハマる人はズッポリとハマってしまい、抜け出せなくなる中毒性を持っているんだと思います。また、自分の育てたアイドルの晴れ舞台を、ネットワークを通じて全国に披露する事が出来る事から、「うちのアイドルが一番可愛いに決まってる!」と言う親バカ根性が働いてしまい、思わず高額な有料アイテムに手を出してしまったりする事もあるので、ハマり過ぎには要注意です。
会話しながらくるくると変わるキャラクターの表情や動作、ステージ上で活き活きと動き回る姿には
いままでのゲームにはなかった圧倒的な「存在感」があり、感情移入度も半端ではないです。
中でも奥深いのはTV出演前の「オーディション」システムです。
単純にアイドルの能力を上げれば勝てるというわけではなく、審査員の興味とライバルの動きを見ながら
限られた時間の中で素早く的確に状況判断をしてアピールを行わなければなりません。
たとえ能力的に他のライバルに劣っていたりしても、オーディション終了直前での大逆転も起こりえます。
その日のテンションや、ある程度の「運」も勝敗を左右してしまうあたりは
ある意味リアルとも言えなくはないです(笑
TV出演シーンは本当に細かいところまで作り込まれており、見ごたえ充分です。
3人ユニットで同じ動きをしているところでも、肘の角度や体の傾け具合がそれぞれ微妙に違っていたりして
「ここまでこだわるものなのか・・」と感心させられました。
XBOXLIVEに繋ぐと、全国のプロデューサーと自分の育てたアイドルをオーディ
ションで戦わせることが出来る
最初はアイドルを一人しかプロディース出来ませんが、プロデューサーレベルを上げて
いくと、最大で同時に三人のアイドルをプロデュース出来るようになる。
アイドルを一人プロデュースさせてアイドルが一人で歌を歌うのと、3人プロデュース
させてアイドルが歌を歌うのとでは、3人の方がハーモニーがあって楽しい。

悪い点:
ある程度やると、作業感がおしよせてくる。
大体4週目ぐらいからやばくなってきます、イライラするしモチベーションも下がる。
常に新しい刺激を求めてる人には向かないかもしれない。
ランクが上がっても高難度のオーディションが受けられる程度でやることが増えるわけでもないため、数回クリアすると飽きてしまいました。レッスンは作業的。オーディションは何回も受けなければいけないのに、待たされる時間が長く手持ち無沙汰になります。
このゲームを真に楽しむには大枚をはたく必要があります。このことを詳しく知りたい場合は、以下の動画をじっくりご覧になって、最後の12650ゲイツ=?円を計算してみてください。

癖を抜けば基本的には楽しめますが、会話選択に関しては基本的に女の子の『表情』『性格』関係ありません。
せっかくの個性や性格が反映されずに残念でした。
また、攻略サイトを見ないと絶対にSランクアイドルにはなれません。
何も知らずに始めると結局はDランクアイドルかEランクアイドル止まりが関の山です。
最終的にはデータが残らないので
育てた女の子とは二度と活動をすることが出来ません。
せめて何かしらの方法で育てた事があるということを確認する手段を入れて欲しかったです。
完全に楽しむ為にはオンライン環境が前提です。


アイドルマスター アニメ ゲーム ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。