So-net無料ブログ作成
検索選択
ハイチ 復興への祈り ブログトップ

ハイチ 復興への祈り [ハイチ 復興への祈り]

今回は、ハイチとハイチ 復興への祈り――80歳の国際支援 (岩波ブックレット)という本の紹介。



ハイチとは:
世界最貧国のひとつ。
2010年1月に大地震。
M7.0。
大統領官邸も破壊。
死者約20万人。
被災者約300万人。
地震直後の動画あり。
ただし、亡くなられた方の映像がストレートに出ていますのでご覧になる場合はご注意を!


2010年6月には、洪水が発生。首都のスラム地域や被災者が暮らすテント村などで、少なくとも23人が死亡。
首相人事を議会に否決され、日本と同じように政治が混乱して復興に影響がでている。
ハイチで震災にあった子ども達から、東日本大震災にあった子ども達にむけて手紙や人形が送られている。
ハイチではコレラが拡大中。国連平和維持軍のネパール軍が持ち込んでしまったらしい。
陸自と米軍共同で建物の修繕作業をしている。
千羽鶴を送る運動もあったが、現地まで物資の輸送が滞る中、いかがなものか、という批判も出た。送ったかは不明。

ハイチ 復興への祈り――80歳の国際支援 (岩波ブックレット)の評判・レビュー:
著者は現地で30年以上にわたって医療・植林など支援。また、地震復興のため現地へ。
一般人と「隣人」してきた人の話。
目の前の人を見て目の前の問題を片付けるための視野や行動範囲がとんでもなく広い。
相手の領域を侵さない。
相手が立っていけるようにどうしたらいいのかを考える、まっとうな支援のあり方。
「国際社会が考える支援と現地の人が求める支援には、ものすごくちがいがあります。」「災害が起きて緊急なときは医療や食糧支援が確かに必要ですが、ほんとうにその国を再建するには、同じことを続けるだけでいいのか」という言葉にうならされた。
困難な状況でも、目の前の問題を一つ一つ乗り越えていく姿は頭が下がる。
まだまだやることはいっぱい、と言える80歳に私もなっていたい。


【送料無料】ハイチ復興への祈り

【送料無料】ハイチ復興への祈り
価格:525円(税込、送料別)


ハイチ 復興への祈り ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。