So-net無料ブログ作成
検索選択
ビキニ環礁ではまだ汚染が続く ブログトップ

ビキニ環礁ではまだ汚染が続く [ビキニ環礁ではまだ汚染が続く]

ビキニ環礁ではまだ汚染が続いているというニュースがあったのでアップ。

1940~50年代、米国が核実験を繰り返したビキニ環礁。 汚染のため、住民は今も島に帰れない。 島にはヤシの実や農場があるが、 これは食用ではなく、 米エネルギー省が 今も土壌に残る放射性物質の調査をしているため。 1968年、『安全宣言』が出て住民が帰ったが、 流産や体調不良を訴える人が相次ぎ、再び離れた。 ヤシの実などを食べたことによる内部被ばくが疑われている。 記者が身に着けていた個人(放射)線量計は、2時間半の滞在でも0のままだった。


原発に関する商品へのリンク

Yahoo!ブックマークに登録
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
ビキニ環礁ではまだ汚染が続く ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。